【ブログ】aguilar AG500 V2 & TONE HAMMER 500 V2をチェック

【ブログ】aguilar AG500 V2 & TONE HAMMER 500 V2をチェック

こんにちは。和田です。
梅雨はどうした!?っという勢いの暑さです…。負けないように頑張りましょう!!
さて、今回は

そう、ベースアンプにもこの機能欲しかったのよ!!

っというのがやっと登場しましたので、ご紹介。
aguilar AG500 V2 & TONE HAMMER 500 V2

IRローダー(キャビネットシミューレーター)機能とヘッドフォンアウト、AUX IN端子が追加となり、V2モデルにアップデートとなりました。
IRローダー(aguilar Cabinet Suite)機能の追加に合わせてDI OUTの端子も追加されています。
DI OUT1が従来のDIアウト、DI OUT 2がCabinet Suiteを通したアウトとなっておりますので、使い分けてのレコーディング可能なのが嬉しいポイントです。

キャビネットIRは3個プリセット可能で、aguilar Cabinet Suiteを使用して、簡単に入替が出来ます。
キャビネットはSL,DLシリーズ各種に加えてお好みのキャビネットIRを使用する事もインストールすることも可能です。

ギターアンプではこういったシステムは近年標準化されておりましたが、ベースアンプではまだまだ少ないなかで、スタジオ、ライブハウスで定番のaguilarから登場したのは嬉しい事です。(ペダルプリアンプでは搭載されているものが増えてはきましたが)

ベースはラインで直!!

っというのがこれまでは当たり前だったのかもしれないですが、ギターをメインとしている私からは

なぜにライン直なの??

っという部分があったので…。
ライブではそう思わないけど、やっぱり録音すると硬いというか、生っぽくないというか…。
NYCサウンド的なクリア&フラットな音の時は良いんですが、私の様にHR/HM野郎だともうちょっとゴツっと感が欲しいのよ…っという部分はやはりキャビネットの音が必要なのかな…っと思っていたところだったので

そう、これよ!!これ!!!!

っとなる訳です。
早くこうなって欲しいと思っていたBassmanの方も多かったのではないでしょうか?
それぞれの特徴としては

・AG500
フラット&クリアー。ベースの原音に忠実なサウンド。ベース、トレブルをグッと上げるとまさにNYCサウンド
歌ものはもちろん、5弦ベースのLow-Bサウンドをしっかりと効かせたい方にオススメです。
・ToneHammer
ゴツっと生々しく太さのあるサウンド。真空管アンプの暖かみを感じさせるモデルです。
DRIVEとの組み合わせで出てくるゴツっと太い響きはロックベーシストにオススメです。

実機は小金井サイドパーク店頭にてセットしております。キャビネットでもラインでもチェック出来るようになっておりますので、気になる方はぜひチェックを!!

※正式発売はもう少し先で、現在は店頭先行販売となっています。
もちろん、店頭で弾いて気に入った方はその場でご購入OKです。通販でのご購入ご希望の方は別途ご相談ください。
お待ちしております。

それでは。

和田

Return Top