【ブログ】MUSIC MAN StingRayを辿る(ルイス・ジョンソン編)

【ブログ】MUSIC MAN StingRayを辿る(ルイス・ジョンソン編)

こんにちは。和田です。
前回はちょっと謎なタイトル(【ブログ】チョッパー?スラップ?)からスタートしましたが、これからが本題です。
スラップの名演を探るうちに必ずと言っても良いほど登場するMUSIC MAN StingRayに注目して今回から進めていきます。

StingRayはメーカーの紹介文にもありますが、1976年に登場した【初のアクティブベース】です。
レオ・フェンダーが1965年にCBSにFenderを売却後、10年間はギター・ベースの設計を控えるとの契約の後、満を持して登場したベースと言っても良いでしょうか。
サンダー・サム】とあだ名されたルイス・ジョンソンの為に製作されたベースです。

凄い…。そして手がデカい!!

スラップしている右手も明らかにデカいですが、左手親指で3弦押さえたりと動画からもその手のデカさがわかります。
圧巻のプレイ、その名の通り、まさに平手打ち(スラップ)。確かにこのプレイを見るとチョッパーと言うより、スラップという言葉が定着したのも頷けます。
それにしてもこの音の太さと迫力。JBでもPBでもなく、これこそStingRayだ!と勝手に感動しております(笑)

そんな訳でBrothers Johnsonを聞きながら、スラップに、そしてファンクの魅力に惹かれております。
そしてBrothers Johnson以外でのルイス・ジョンソンのセッション、スタジオミュージシャンとしてのワークを追っていて辿り着いたのが

すいません…。知りませんでした…。

まさか同じ人が弾いているとは思ってもいませんでした…。
前回のブログからまさかまさかの展開で繋がっておりました。
こういう展開も音楽の楽しみの一つですね!
Off the WallThrillerと参加してますので、もちろんこの曲も言う事になります。

Beat It に関してはスティーブ・ルカサーエドワード・ヴァンヘイレンと物凄い方々の揃い踏み!
あ、みんなMUSIC MAN じゃないか!!
※スティーブ・ルカサー、エドワード・ヴァンヘイレンはこの時はまだ使ってませんが…

凄いなMUSIC MAN

なんかどんどん出てきておりますので、どんどん出していこうかと思います(笑)
とか言ってたらこんな投稿を発見したり

これからまだまだ続きそう、いや、続かせていきます。
それでは。

和田

MUSIC MAN Bass ストックはコチラ↓


ご来店/通信販売ご利用にて楽器を購入する際のお支払い方法に関して

店頭販売でのお支払い

  • 現金及びクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX)がご利用いただけます
    カード分割払いは3回からご利用いただけます。リボ払いに対応いたします
  • カード分割のほか、オリコ/ジャックスのショッピングクレジット支払いがご利用いただけます。
  • Paypayご利用いただけます

通信販売ご利用時

銀行振込の場合は事前に在庫の確認/商品の確保をお願いいたします。ご住所と商品サイズにより送料が確定いたしましたらスタッフよりお電話かメールにてご連絡いたします。

お振り込み先:三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通口座 6347419 カブ)クルーズ

商品代引きでのご購入も可能です(別途手数料が必要となります)
佐川急便eコレクト(両店舗共通)ヤマト便コレクト(サイドパーク店のみ)


代引きは現金決済以外にもカード決済(JCB/VISA/AMEX etc 分割可能)がご利用いただけます

sagawa-ecorrect

分割支払いならショッピングクレジットがお得です

事前シミュレーションからクレジット支払いの回数や支払い金額をチェックできます。左のバナーからお申し込みください(本審査ではございません)

Return Top