【ブログ】「やっぱりアコギ!」 ~【その9】アコースティックギターの弦 Vol.2~

【ブログ】「やっぱりアコギ!」 ~【その9】アコースティックギターの弦 Vol.2~

こんにちは、橋川です。

今回は、前回に引き続きアコースティックギター弦のお話。

【その9】アコースティックギターの弦 Vol.2

前回は、当店で扱いのある主要メーカーの出荷時の弦をご紹介させていただきましたが、今回は弦の素材についてお話したいと思います。

フォスファーブロンズ弦 / Phosphor Bronze

現在、各メーカーの出荷時採用弦は「フォスファーブロンズ」という素材が多いです。

「フォスファーブロンズ」は銅を主成分とした金属で、10円玉のような色をしています。

サウンドは少し柔らかめで、キラキラした倍音成分が特徴です。上品で、品のある綺麗なサウンドをしています。フィンガースタイルのプレイヤーに好まれて使われている印象です。

80/20 ブロンズ弦 / 80/20 Bronze

もうひとつ、メジャーな素材といえば「80/20 ブロンズ」。

名前の通り「銅が80%」、残りの20%には「亜鉛」が使われています。こちらは5円玉のような色をしています。

力強く、アタック感のあるサウンドで、以前は各メーカーが採用していた弦の素材です。ゴツさがあるので、ストロークするプレーヤーで、こちらの弦を好む方も多いです。

ゲージ(弦の太さ)

上でご紹介した弦の素材に加えて、楽器に合わせて、弦の太さ(ゲージ)もバランスを考えてチョイスしましょう。

エリクサーであれば主要なゲージは下記の通りです。

・ライトゲージ / .012 – .053

・カスタムライトゲージ / .011 – .052

・エクストラライトゲージ / .010 – .047

通常、多くのメーカーはライトゲージを採用していますが、お好みで弦のゲージを選びましょう。ただ、ゲージを変えることにより、弦の張力が変わりますので、ネックの調整が必要になります。交換の際はお気軽にご相談ください。

楽器による「弦」の使い分け

もちろん橋川も楽器によって張る弦を変えています。弦によって相性の良いギターもあれば、逆も然り。色々と試行錯誤しながら好みの弦を探すのも楽しいものです。

ブルーグラスのようなフラットピックプレイには、ブロンズ弦を好んで使用しています。新しいDスタイルの楽器にはライトゲージ、ヴィンテージで鳴りきっているような個体には、あえてエクストラライトゲージを張ったりしています。

フィンガーで弾くようなコンパクトなダブルオースタイルには、フォスファーブロンズのエクストラライトゲージなどなど・・・楽器に合わせて好みの弦をチョイスしています。

「何の弦張ったらいいの?!」という方は、もちろんお気軽にご相談ください。

まだまだ弦で話せそうですね。皆さま、次回もお楽しみに。

橋川

ご来店/通信販売ご利用にて楽器を購入する際のお支払い方法に関して

店頭販売でのお支払い

  • 現金及びクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX)がご利用いただけます
    カード分割払いは3回からご利用いただけます。リボ払いに対応いたします
  • カード分割のほか、オリコ/ジャックスのショッピングクレジット支払いがご利用いただけます。
  • Paypayご利用いただけます

通信販売ご利用時

銀行振込の場合は事前に在庫の確認/商品の確保をお願いいたします。ご住所と商品サイズにより送料が確定いたしましたらスタッフよりお電話かメールにてご連絡いたします。

お振り込み先:三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通口座 6347419 カブ)クルーズ

商品代引きでのご購入も可能です(別途手数料が必要となります)
佐川急便eコレクト(両店舗共通)ヤマト便コレクト(サイドパーク店のみ)


代引きは現金決済以外にもカード決済(JCB/VISA/AMEX etc 分割可能)がご利用いただけます

sagawa-ecorrect

分割支払いならショッピングクレジットがお得です

事前シミュレーションからクレジット支払いの回数や支払い金額をチェックできます。左のバナーからお申し込みください(本審査ではございません)

Return Top