【ブログ】オーダーギターの材を選定する(Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022)

【ブログ】オーダーギターの材を選定する(Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022)

こんにちは。和田です。
Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022 開催しております。
※渋谷店は15日まで、続いてSP店で19日~29日で開催です。

19日からSP店に材を移動して後半戦がスタートとなります。
※19日以降も渋谷店でオーダー受付も出来ますので、お気軽にお問合せください。

今回は実際に店頭で行われた、材の選定のお話を。
その材はコチラ

フレックの入ったいかにも固そうな(実際に固い)ハードメイプル材です。
フレイム杢もしっかり入っています。
後ろに写っているのはバック材となるホンジュラスマホガニーです。
その手前はブラジリアンローズウッド。
う~ん、眺めているだけで惚れ惚れしますね!

この状態でお気付きのかたもいるかもしれませんが、バック材はもちろんの事、トップのメイプル材も1枚板です。そうTwitterでも紹介しておりました、1枚板のハードメイプルトップを贅沢に使用した仕様、LED SUPREMEです。

LED1959を製作するのであれば、どのホンジュラスマホガニーを使って、どの指板使って選ぶのが良いのだろう?木材をコンコンっと叩く(ノッキング)して選んではいるけど、そこからどうやって選定するのか?というノウハウをオーダーフェアの初日、2日目とサイドパーク店よりヘルプに来ていただいていたキャプテン坂本氏のレクチャーをお客様と一緒に受けている中で、

トップ1枚板になるとどうなるんだろう?

という話題になり、そういえばと出てきたのがこの材達

壮観ですね!
トップ材を選んだら次はバック材。

選んだトップ材の音にに合わせて、バック材を選んでいきます。
この時に印象的だったのが、トップ材とバック材の貼り合わせの仕方

このように年輪の方向を合わせて1本の丸太を作ることによって、より材の響きを活かすことが出来るそうです。(全てが全てこの方法とは貝りません)
これは実に興味深い!!

トップ材、ボディ材が決まれば最後に指板材。最終的にもっと音を締めるのか、すこし柔らかくするかの微調整を狙って材を選定していきます。
こうやって一つ一つをチョイスする事によって、完成形の音が想像できるという訳です。
こういった音を狙いたいというのがあれば、その音に近い材を選定出来るのも、今回のオーダーフェアの醍醐味であります。

もっと詳しく聞きたい、ぜひこの方法でチョイスしてオーダーしたい!

と思った方はキャプテン坂本氏まで!

サイドパーク店では19日からスタートとなります。
お待ちしております!!(私は渋谷店でお待ちしております!!)
それでは!!

和田

Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022詳細はコチラ↓

ご来店/通信販売ご利用にて楽器を購入する際のお支払い方法に関して

店頭販売でのお支払い

  • 現金及びクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX)がご利用いただけます
    カード分割払いは3回からご利用いただけます。リボ払いに対応いたします
  • カード分割のほか、オリコ/ジャックスのショッピングクレジット支払いがご利用いただけます。
  • Paypayご利用いただけます

通信販売ご利用時

銀行振込の場合は事前に在庫の確認/商品の確保をお願いいたします。ご住所と商品サイズにより送料が確定いたしましたらスタッフよりお電話かメールにてご連絡いたします。

お振り込み先:三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通口座 6347419 カブ)クルーズ

商品代引きでのご購入も可能です(別途手数料が必要となります)
佐川急便eコレクト(両店舗共通)ヤマト便コレクト(サイドパーク店のみ)


代引きは現金決済以外にもカード決済(JCB/VISA/AMEX etc 分割可能)がご利用いただけます

sagawa-ecorrect

分割支払いならショッピングクレジットがお得です

事前シミュレーションからクレジット支払いの回数や支払い金額をチェックできます。左のバナーからお申し込みください(本審査ではございません)

Return Top