【ブログ】【Come On!Bassman!!!!】ブリッジで変わる音の違い。(Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022)

【ブログ】【Come On!Bassman!!!!】ブリッジで変わる音の違い。(Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022)

こんにちは。和田です。
Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022 開催しております。
※渋谷店は15日まで、続いてSP店で19日~29日で開催です。

日々、並んでいるトップ材からイメージから似たイメージのものをアップしております。

トップ材の投稿となるとギター寄りの投稿が多くなってしまいますが、有難い事にBassmanからのオーダーも頂いております。
前回のブログではパーツ交換も立派なカスタムオーダーとの話でしたが、もちろんそれはBassでも同じです。

前回のブログではギターがメインでしたので、今回はBassmanに向けて、ベースでのパーツ変更のオーダーの事例をご紹介いたします。

Crews Be Bottom’24 MPでのオーダーとなります。
レギュラーモデル(左)とオーダーモデル(右)の違いはこんな感じ。
違いとしてはパーツカラーとブリッジの違いになります。

トップ材となるスポルテッドメイプル自体の濃さが違うので、違うフィニッシュに見えますが、同じカラー(BlackBurst)です。こういった違いも同じ杢目が2本と存在しないというスポルテッドメイプル材ならではです。

レギュラーモデルでのブリッジはHipShotType-A(aluminum)を使用していますが、オーダーモデルではGotoh S510B-5を採用しています。
パーツ自体もですが、カラーも変わると雰囲気がグッと変わりますね。

Be Bottom’24ではパワフルなローエンドに加えて、スラップ時のキレの良さを狙ってブリッジにはType-A(aluminum)を採用しています
オーダーでは低音の比重を強くしたいとの希望を頂き、同タイプで比重のあるブラス削り出しのType-A(Brass)にするのか、はたまたバダス系のブリッジにするのかと何度も打ち合わせをして、ブリッジプレートがSteel削り出しのGOTOH S510B-5が採用となりました。(ちなみにType-A(Brass)はJACKSON シリーズで採用されています)
完成時のサウンドチェックではノーマルモデルとのその比重の違いををしっかりと感じる事が出来ました。
ブリッジの違いでのこの音の違い…、奥が深い!!

いかがでしょうか?

このようにブリッジのパーツ一つで音のキャラクターは変わります。
ペグも軽量なペグを使うか、重い目のペグを使うかでサスティーンが変わってきたりと結構違います。

え!?ペグで?

って思うかもしれませんが、ヘッドの重量もしっかりと音に関わってきます。
意外にも深いパーツのお話。先のブログでお伝えした通り、材を選ぶだけがカスタムオーダーではありません。
パーツもしっかり考えて、より理想に近いサウンドを目指していきましょう。
お気軽にお問合せください。
お待ちしております!

和田

Crews Maniac Sound カスタムオーダーフェア2022 紹介ページはコチラ↓

ご来店/通信販売ご利用にて楽器を購入する際のお支払い方法に関して

店頭販売でのお支払い

  • 現金及びクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX)がご利用いただけます
    カード分割払いは3回からご利用いただけます。リボ払いに対応いたします
  • カード分割のほか、オリコ/ジャックスのショッピングクレジット支払いがご利用いただけます。
  • Paypayご利用いただけます

通信販売ご利用時

銀行振込の場合は事前に在庫の確認/商品の確保をお願いいたします。ご住所と商品サイズにより送料が確定いたしましたらスタッフよりお電話かメールにてご連絡いたします。

お振り込み先:三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通口座 6347419 カブ)クルーズ

商品代引きでのご購入も可能です(別途手数料が必要となります)
佐川急便eコレクト(両店舗共通)ヤマト便コレクト(サイドパーク店のみ)


代引きは現金決済以外にもカード決済(JCB/VISA/AMEX etc 分割可能)がご利用いただけます

sagawa-ecorrect

分割支払いならショッピングクレジットがお得です

事前シミュレーションからクレジット支払いの回数や支払い金額をチェックできます。左のバナーからお申し込みください(本審査ではございません)

Return Top