【ブログ】VEGASピックアップの魅力に迫る

【ブログ】VEGASピックアップの魅力に迫る

渋谷店ニシキドです。

久しぶりにCrews Maniac Sound VEGAS V2.が入荷です。今回は全てオイルフィニッシュ仕様。GrossカラーとOil Finishでは見た目だけではなくサウンドも実は異なります。グロス仕様はソリッドギターらしいタイトでストレートな鳴り、オイルフィニッシュはそれに比べ ややオープンで広がりのある鳴りになります。この辺りはそれぞれお好みが あるかと思いますが、ワンピースマホガニー+オイルフィニッシュで仕上げられたボディの鳴りはWOODYそのもの。

加えて今回入荷の個体は重量3.0kg前後。取り回しが良く、抱えていても疲れない、サウンド的にもエアリーで芳醇なサウンド。バッチリの仕上がりです。

さてさて。このVEGAS V2.はP90搭載ギターなわけですが… 村田さんに聞いてみた!動画シリーズの第1回ギターマガジンの特集などをご覧になられて当店に限らず「P90ってそんなにいいのかな?」と実際にP90搭載のギターを試しに行った!という方も多いのではないでしょうか??

いかがでしたか?P90の魅力 体感できましたか?イメージと違いましたか?

さて本題。今回はズバリ『やっぱりクルーズのVEGAS ピックアップは優秀。』というのを改めて書いていきたいと思います。

まずは誕生に関してです。そもそもクルーズがオリジナルのP90ピックアップ(当時まだ名称がなかった)を作ったのは、お客様がP90搭載のギターを持ち込まれた際に「リアのピックアップが非力でノイズも多く使いにくい。どうにかならないですか?」という相談/要望が多く、それに応えるためだったようです。そこでコイルの巻き数やその他 諸々(秘密らしい)を試行錯誤し、出来上がったのがクルーズオリジナルのP90。

アルニコ5を2枚を使ったオールドスクールなデザインでありながらS/N比がよく、ノイズを軽減させることに成功。コシのあるサウンドを生みだしつつもクリアーでパワフルなサウンドが魅力的なピックアップです。楽器の持つ高域・中域・低域の各周波数帯をバランス良く含みながら、かつビンテージにはない弾きやすさを持たせています。

そしてこのピックアップのサウンドと評判がとても良かったこともあり、その時すでに存在していた人気モデルCrews Aristotelesのマテリアルスペック(マホガニー1Pボディ/メイプルネック/ボルトオン/ローズ指板)に準じて搭載モデルを作ってみようとなったそうです。

そして出来上がった最初モデルはリア1発の”漢気仕様”。『P90といえばCASINOだよな、カジノといえばラスベガスだよな。』という吉岡氏らしい遊び心のあるネーミングでこのギターはVEGASと名付けられ、オリジナルピックアップにもVEGASピックアップという名前が名付けられました。

現在のモデルではリア&フロントの2PU仕様。それぞれトップの極性を変えており、MIXポジションではハムキャンセルされるようになっております。前述のS/N比なども含めノイズ耐性がありFUZZも使えてしまうというのが、過去の村田さんとの動画「P90とFUZZの組み合わせについて」で話題にあがりましたね。素晴らしいピックアップです。

一般的にP90はシングルコイル構造かつマグネット2枚の広い磁界を持つのでレンジが広く、複雑な倍音成分を持つため、アコースティックなピックアップであるとよく表現されます。また「レンジが広い=必ずしも良い」ということはありませんが「出てない音(帯域)を出すことはできないけど、出てる音(音域)を調整することはできる」と考えれば、プレイヤーが自身の好みの音色や表現したい感情、シチュエーションに合わせて”コントロールしていく”という面白さがあります。故にプレイヤーに委ねられる部分が多く、そういった意味で「扱い難い」、「じゃじゃ馬」などとも言われますがP90でしか出せないサウンドが好きであればそこは頑張るしかない…!!

ですがその反面ノイズが多かったりするのが悩みどころ。VEGASピックアップはその辺りのサウンドデザインとノイズ耐性のバランスが絶妙であり優秀なのです。

故にVEGAS V2.をはじめ、Rabbit isギターなど様々なモデルにこのVEGASピックアップが搭載されているわけです。

では最後にVEGAS V2.本体について少し書いて終わりたいと思います。


オイルフィニッシュ&セルバインディングは見た目の美しさだけでなく、機能的にも木材本来の鳴りを活かしつつ、エッジの部分を保護するという理にかなった組み合わせ。またボディシェイプはストラトのくびれとコンターをテレキャスターに落とし込んだような美しいデザイン。( アリ”スト””テレ”ス名称の由来)1ピースマホガニーボディの豊かなレゾナンスをフラットトップのボディとボルトオン・メイプルネックが楽器全体にスピーディーに伝達してくれます。そしてVEGASピックアップがアコースティックかつローノイズに鳴りを素直に吸い上げる。

VEGAS V2.のサウンドの秘密はここにあると思います。是非とも一度お試しください。

最後まで閲覧ありがとうございました。

渋谷店 ニシキド

こちらの記事もご覧ください▼

VEGAS V2.のストックリストはこちらから▼

メイプルトップ/マホガニーバック仕様のパイロットランモデルVEGAS V2. MPがラストストックになりました。こちらもお見逃しなく。▼

ABOUT THE AUTHOR

NISHIKIDO
渋谷店スタッフ
Rabbit関連、セミアコ関連担当
Return Top