【ブログ】Rig Packで楽しむKemper(Kemper Legends Tribute Collection Rig Pack)

【ブログ】Rig Packで楽しむKemper(Kemper Legends Tribute Collection Rig Pack)

こんにちは。和田です。
さて、今日はKemperのご紹介。
今までに何回か触れてきましたが、ちょっと面白いものが上がりましたので、ご紹介いたします。

Kemper Legends Tribute Collection III Rig Pack

微妙にフレーズが違うのは著作権対策と言ったところでしょうか。
この絶妙な外し方、なかなか手が込んでいます。
原曲はSpotifyでリスト化しておりますので、これ何だったっけ?という時は確認できます。

Rig Pack IIIがあるという事はIIIもあり、合計で90個リグがあります。
Kemper Legends Tribute Collection II Rig Pack

Rig Pack 2もSpotifyにて使用した曲がリスト化されており、答え合わせもできます。

そしてこちらは最初のRig Pack
Kemper Legends Tribute Collection Rig Pack

残念ながらRig Pack Iはリスト化されていません…。ちょっと前というのもあるかもしれませんが、せっかくならこれもリストアップして欲しいところです。
これらのRig PackはKemper HPからもダウンロード出来ますが、全部ダウンロードしなくてもRig Manegerを使用すればサウンドチェックをしつつ、欲しいのだけダウンロードするという事も出来ます。
画像のRig Packsというところをクリックすると見れます。

ここで気になるのをクリックして音を出してチェック出来ます。
気に入ったのがあればそれを My ProfilerLocal Fileドラッグ&ドロップで完了です。
その後にFavariteしておけばすぐに呼び出せます。
他のRig PackRig Exchangeも同様に扱えます。
ちなみに、本体に繋いでなくても、立ち上げれば見るだけはできますので、ご購入を検討している方は試しにインストールして見てみるのも良いかもしれません。
※もちろん音はだせません。

実際に Legends Tribute Collection を開くとこんな感じです。1と2は一緒になっています。

名前の省略のされ方もあって、ちょっと分かり辛いのもありますが、Rig Pack 2と3であれば、上記のSpotifyのリストと見比べていけば解決できるかと。
さて、実際に気になるのをチョイスして弾いてみると、これは凄い!(似てないRigも少しありますが、それはお愛嬌とという事で…。)
デモ動画でもありますが、Neal Schonとかもうまさにな音します。元となっているギタリストに近しいスペックのギターとか使うともうかなり近づきます。(SlashならLP、ClaptonならSTや335で弾いてみるといった感じです。)
今日はBostonな気分だからTom Scholzにしてみよかなとか、貴族な気分になりたい時はST持って、王者のサウンド試してみるとか、神のRigもあります。
1日1Rig楽しんだとして90日楽しめます(笑)

これは楽しい!

90個あるRigのヴァリエーションも豊かです。
Dimebag DarrellScott IanもあればKurt CobainTom MorelloNuno Bettencourtと多種多様です。
Rigに合わせてギター持ち替えて、フレーズ変えてとしていると気分はもう

ROCK FUJIYAMA

です。(ヘヴィメタさんでも良いかもしれませんが…)
先日、こういった動画を見たせいでもあるかもしれないですが

ちょっと脱線してしまいました…。(私のまわりはこの番組大好きなのでついつい…)
が、実際ROCK FUJIYAMA見ながら思い出したアーティストを弾くのもまた一つの楽しみではないかと。

話を戻しまして、最初のRig Manegerの画像を見ればお気付きになるかと思いますが、実はこのRig Packの横に(1403)となるように、 Legends Tribute Collection Rig Pack を含めて1,403個のRigからなる様々なRig Packがあります。
ヘヴィ系ならOla Englund氏のRigや国内としてはGod Speed氏のRigPack(ViViX)もあったりと様々です。
先にも記載の通り、HPからまるっとダウンロードしても良いのですが、Rig Manegerを使うとサウンドチェックしてからダウンロード出来ますので、その方が欲しい物だけ引っ張ってこれるので楽かなと。

いかがでしょうか?

Rig Manegerを使用すれば、出したい音をポンっと引っ張ってきて、すぐ弾くことが出来ます。音作りしなくてサクッと楽しめるのもKemperならではと言ってもよいでしょう。
ガッチリ作り込んで楽しむという方法ももちろんありますが、楽できちゃうところは楽をしても良いのかなと。
これなら

マルチプロセッサーって難しそう…

って思って、手を出してなかった方でもこんな簡単に楽しめるなら面白いかも?って少しでも感じて頂ければと思います。
気になった方は店頭ですぐにお試し頂ける常設コーナーもございますので、お気軽にお声掛け頂ければ大丈夫ですが、じっくり説明も聞きたいと言う方は事前にご連絡頂けるとよりスムーズです。

オススメRigもいくつかピックアップしておりますので、試奏もサクッと出来るようにしております。
今ならEXPペダル付きKemper Stageとアウトレット特価のKemper Stageがお買い得となっています。

4月からKemperも値上がりとの情報も入ってきておりますので、お見逃しなく。

それでは。

和田

Kemper 在庫リストはコチラ↓(Yahoo Shop リンク)

ABOUT THE AUTHOR

和田
渋谷店スタッフ
デジタルアンプ/ミュージックマン製品など担当
Return Top