【ブログ】Ash vs HDS Crews solution R6

【ブログ】Ash vs HDS Crews solution R6

こんにちは。和田です。
今回も新設コーナーからお送りいたします。

ハイゲイン・モダンギターコーナー

本日はこちらの2本を弾き比べしてみました。

Crews Maniac Sound Solution R6 Ash Black Gross ※画像右側
Crews Maniac Sound solution R6 HDS Solid Black ※画像左側
※モデル名をクリックすると詳細ページが見れます。

リヴァースヘッドストックにより、低音にパンチの効いたモデルです。
共に厳選した材をワンピースで使用し、リッチな響きを持っています。
指板(Ashはホンジュラスローズウッド、HDSはエボニー)は異なりますが、ボディ材以外のスペックは同じとなります。
AshボディとHDS(Honduras Mahogany)ボディサウンドの違いが分かりやすく比較できますので、今回動画にてご案内いたします。

今回も使用アンプはVOX MVX150C1です。

一言で言えば

キレのAsh
粘りのHDS

という感じでしょうか。
それぞれに美味しいところが明確に違うのは動画でも聞き取れると思いますが、もうこの先はプレイヤーの好みです。

参考までに、
・Ashはジェント系等の素早く、タイトなフレーズを多用する方やカッティングを多用する方、
空間系エフェクターを使用した煌びやかなクリーンサウンドを多用する方にお勧めです。
・HDSはダーティーさとルーズさが織りなす複雑な粘りを活かしたロックサウンドやヘヴィサウンドを好む方、クランチやドライブでのリッチなミッドレンジが好みの方にお勧めです。

厳選した材を贅沢にもワンピースで使用したモデル。
弦を弾いた時に感じる豊かな響きはワンピースボディならではで、素材のサウンドを存分に味わうことができます。
ぜひこのリッチな響きを存分に活かしたパワフルなサウンドをお楽しみください。
※solution R6 HDS Solid Blackは紹介ブログを先日書いておりますので、よろしければコチラをご覧ください。

渋谷店 和田

ご来店/通信販売ご利用にて楽器を購入する際のお支払い方法に関して

店頭販売でのお支払い

  • 現金及びクレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX)がご利用いただけます
    カード分割払いは3回からご利用いただけます。リボ払いに対応いたします
  • カード分割のほか、オリコ/ジャックスのショッピングクレジット支払いがご利用いただけます。
  • Paypayご利用いただけます

通信販売ご利用時

銀行振込の場合は事前に在庫の確認/商品の確保をお願いいたします。ご住所と商品サイズにより送料が確定いたしましたらスタッフよりお電話かメールにてご連絡いたします。

お振り込み先:三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通口座 6347419 カブ)クルーズ

商品代引きでのご購入も可能です(別途手数料が必要となります)
佐川急便eコレクト(両店舗共通)ヤマト便コレクト(サイドパーク店のみ)


代引きは現金決済以外にもカード決済(JCB/VISA/AMEX etc 分割可能)がご利用いただけます

sagawa-ecorrect

分割支払いならショッピングクレジットがお得です

事前シミュレーションからクレジット支払いの回数や支払い金額をチェックできます。左のバナーからお申し込みください(本審査ではございません)

ABOUT THE AUTHOR

和田
渋谷店スタッフ
デジタルアンプ/ミュージックマン製品など担当
Return Top