EXFORM 分岐ケーブル 3.5-STJX2-0.5M

EXFORM 分岐ケーブル 3.5-STJX2-0.5M

探していた良質なケーブル、ここにあります

販売価格:2,420円(消費税込み)

EXFORM 分岐ケーブル 3.5-STJX2-0.5m

EXFORM 分岐ケーブル 3.5-STJX2-0.5m

¥2,420

今すぐ購入する

EXFORM スプリットケーブルシリーズは、3.5mm径のミニステレオ・フォンから出力されるオーディオ出力を、LチャンネルとRチャンネルに分岐させて、他の機器に接続できる便利なケーブルです。
分岐側は3.5ミリの「ミニ・ステレオフォンジャック」になっています
このモデルは、iPad、iPhone、iPod Touchなどの人気 iOSアプリ「djay」を使用する際にも便利なケーブルです。

  • 3.5mm フォンコネクター
    TRS 3.5フォンコネクター(ミニピン)と呼ばれる事もある小型プラグ。オーディオやタブレットなどのヘッドフォンアウトやイヤモニなどの接続で多く使用されます。

メイドインジャパンの理由

過酷な条件下で使用される音響現場では、劣化進行をなるべく抑え、かつ大音量に増幅されるに耐え得る高い導電率によるサウンドクオリティーが要求されます。
EXFORMでは、準銅99.996パーセント以上のOFC無酸素銅を導線として採用しました。信頼性の高い日本製である事に加え、同じOFCケーブルでも45年ものオーディオや楽器ケーブル開発・製造の実績とノウハウを持つ日本の某老舗工場で製造しています。
芯線素材を束ねる時も細心の注意を図り、全線を同一の引張負荷を維持しながら平行に、ねじれがないようにシッカリと密着しながら絶縁体でカバーします。また、芯線と絶縁体との隙間も可能な限り無くすことで、プラグ部分から始まる酸化の進行を出来る限り抑えます。見た目だけでは判断できない所にもこだわる心意気と、それを実現する知恵で大きな差が出ます。これはカタログデータに数字で表現できない部分です。

エクスフォルムのツインケーブルには現場で必要とされるケーブルが各種用意されています。高性能かつ便利なツインケーブル・シリーズには欲しかったケーブルが用意されているはずです。

昨今ではモバイルオーディオやタブレット、PCなどからの信号をライブやリハーサル現場で使用することも多くなってきました。しかしながらオーディオインターフェースやクリックデータの送り出しにヘッドフォンアウトを使用したい場合、例えば「ミニピンジャック出し/受け側が業務用XLRや1/4 TRSバランス」などのケースも少なくありません。特にライブ現場ではプラグの形状に統一性がない機材同士の接続が必要になる場面も増えてきています。

, ,

ABOUT THE AUTHOR

フーチーズ 渋谷店MURATA
管理人
Return Top