< back || TOP > Hoochies Staff Blog by SAKAMOTO > Martin

Hoochies Staff Blog by SAKAMOTO

アコギコージのBlogがパワーアップ!! 大いに語ります。

KOJI SAKAMOTO

Profile

大型量販店アコースティックギター担当を経て(株)クルーズに入社。 現在、フーチーズ・スタッフ兼クルーズのリペアーも担当。 自他ともに認める根っからのブルースマン。 アコースティックギターに関する事なら何なりとご相談下さい。 また楽器のセットアップ/K&Tピックアップ全般/テレキャスター及びヴィンテージ楽器に関してもお気軽にご相談下さい。

Category:Martin

Hoochies Acoustic Guitar Fair
4月26日(土)〜5月6日(火)

普段はお店に並べられない、ファン垂涎の貴重な
アコースティックギターを
100本以上展示

フーチーズ店内をアコギで埋め尽くす11日間のフェアー!

そんな激アツフェアーに向けての準備も進んでます。
第一弾はMartin D-45 Custom

D-45_Blog_01.jpg
展示予定のアコースティックギターを、ご来店された皆様に最高の状態で提供する為に
弦を張り替え、クリーニング、調整を始めています。

D-45_Blog_04.jpg
1本1本真剣に向き合っています。

D-45_Blog_26.jpg
こちらのギターの紹介をアコギコージ氏より語って頂きました。

『このD-45は、マーチン社が175周年を迎えた2008年に、ナザレスのファクトリーに行き、
材を選定しオーダーしたカスタムギターです。1968年にリバイバルされたD-45をイメージしたものです。、当時ジャーマンスプルース/ブラジリアンローズウッドの仕様でリバイバルされたものを、現在使用出来るマーチン社の材のストックの中から、当時の仕様に近い材を用いて製作されました。オリジナルの仕様の材はストックが無く、またブラジリアンローズウッドは、あまりにも高価なもののため、グレードの高いマダガスカルローズウッドと、トップ材にイタリアンアルパインスプルースを用いてつくられました。
フィンガーボードにヘキサゴンインレイ、グローバーペグ、そして当時の角の取れたヘッドシェイプに出来る限り近いシェイプにして欲しいとのリクエストを入れました。
選定時にイメージしていたアーティストは、N.ヤングです。アンプラグドでの、あの繊細なD-45のトーンが、頭の中で鳴っておりました。
D-45....アコースティックギターファンに取っては、あこがれのギターではないでしょうか。
是非、手に取り、そのサウンドをお確かめ下さい。』




category:Martin

14.04.14 15:19 update

E.Clapton at 武道館

昨日、E.クラプトン日本公演を武道館に観に行ってきました。

EC 武道館.jpg
最終日ということもあり、満員の武道館は熱狂的なファンで埋め尽くされていました。

EC ステージ.jpg
70歳でツアー引退という発表もあり、69歳の現時点で今回が最後になるであろう
ギターの神様の生のステージを観て感動した方も多いことでしょう。

一言で、本当に素晴らしいステージでした。

往年の名曲とブルーズナンバーを取り混ぜた構成で、途中のアコースティックセットでは
レイラ・ティアーズ イン ヘブン等シビレるナンバーも演奏されました。

エレクトリックセットではストラトのみを使用し、アツいプレイを聞かせてくれました。
特に"アイ ショット ザ シェリフ"でのギターはソウルフルでホットなプレイで
思わず涙が出るほど心にヒットするものでした。

クロスロード〜コケインと、会場はヒートアップしアンコールで終了しました。

本当にワンダフル トゥナイトでした。

ストラトを持つクラプトンのカッコ良さは、ファンのみならずとも皆さんそう思うことでしょう。
今回は、サイドのギターは無し。
クラプトンのみでしたので神様のギターを堪能できました。

ここまでホットであるとついついストラトが.......

P1400731.jpgもちろんクラプトンモデルが弾きたくなります。
今回のステージで感動した方は、要チェックのギターがございますのでご紹介します。

P1400728.jpgFender/CS EC Signature EC Grayです。さらにFender / EC Tremoluxもございます。

P1400756.jpg
フーチーズには、Martin EC Signatureもございます。

ooo28ecmada3.jpg
増税前のこの機会にクラプトンモデルのエレクトリックと アコースティックを
是非、チェックして下さい。



アコギコージ





category:E.Clapton

14.03.02 21:33 update