< back || TOP > Hoochies Staff Blog by SAKAMOTO > K&T PICK UP

Hoochies Staff Blog by SAKAMOTO

アコギコージのBlogがパワーアップ!! 大いに語ります。

KOJI SAKAMOTO

Profile

大型量販店アコースティックギター担当を経て(株)クルーズに入社。 現在、フーチーズ・スタッフ兼クルーズのリペアーも担当。 自他ともに認める根っからのブルースマン。 アコースティックギターに関する事なら何なりとご相談下さい。 また楽器のセットアップ/K&Tピックアップ全般/テレキャスター及びヴィンテージ楽器に関してもお気軽にご相談下さい。

Category:K&T PICK UP

K&T S-65 Super Fat 入荷

K&T ピックアップの新商品、『S-65 Super Fat』が入荷致しました。

IMG_5635.JPG

CBS買収の過渡期である年のモデルであり、ヘヴィーフォームバー被膜から
エナメル被膜のコイルに変更された時期でもあります。

以前にご紹介致しました、Crews Vintage Line ST-65 Early Experienceは
リアを多少ホットにした、
ショップオリジナルの『 HS-65』がマウントされておりました。

オリジナルはフロントとセンターのピックアップに比べ、
リアがやや力不足のため、そのバランスを修正する意味も含め、
ホットに巻いてあるのが『HS-65』です。

サウンドはこれ以前のモデルに比べ、シャープでスッキリしており、
マテリアルの違いが、そのままサウンド変化に大きく影響しております。


今回ご紹介致します『S-65 Super Fat』は、レアなファットコイルで巻かれたもので、
その名の通り、より中低域が太くサスティーンのあるサウンドが特徴です。

他の年代に比べ、比較的スポットライトが当たらなかった、
1965年のストラトサウンドですが、近年の情報開示により
エクスペリエンスやクリームが1965年ストラト(スモールヘッド&トランジションロゴ)を
当時のレコーディングで使用したことが、明らかになりました。

ヘイジョー、パープルヘイズ、ファイヤー、そしてストレンジブリュー、
ワールドオブペイン、アウトサイドウーマンで、この年式のギターが使用されていました。
まさに歴史的なピックアップと言えるでしょう。

ゆえにピックアップを再検証し、一部に見られる非常に厚い被膜のコイルで
巻かれたモデルを、『S-65 Super Fat』として発売となりました。

とにかく太いです。しかも1965年のキャラクターである、
シャープさは損なわず、中低域の芳醇さは、弾き手を唸らせます。

このピックアップも、以前ご紹介致しましたJBピックアップ J-60 L同様、
レアなマテリアルを用いているため、30セットの限定生産になります。

Crews OST-69/ラミネートメイプルフィンガーボード&ローズフィンガーボード
にも、マウント致しました。

こちらのギターは、3本のみ限定で特別価格で
お求めやすくなっております。


今回の動画は、Crews ST 65 with K&T S-65 Super Fatのサウンドをチェックして下さい。


ジミを弾かずにはいられない.........

サウンドチェック動画はそんな男が、ジミをリスペクトしながら弾いております。


category:Crews Maniac Sound

15.03.20 12:54 update

VINTAGE LINE 59 TL

前回のBLACK GUARDに続き、
Crews Vintage Line/59 TELEをご紹介致します。

Crews Vintage Lineシリーズの中でも、
非常に人気の高いモデルがこの59 TELEです。

59tl2.jpg

ワンピースアッシュボディにスラブボードのメイプルネック仕様で、
それまでメイプルワンピースネック仕様であったものが、
1959年よりローズウッドの指板を貼る様になりました。

59tl8.jpg

Crews 59 TELEはフィンガーボードに
ブラジリアンローズウッドを用いております。
タイトでクリアーなサウンドキャラクターを持つ
レアウッドであり、
ワシントン条約ににより伐採が禁止されているため
入手が難しい材です。

59tl6.jpg

とは言え、やはりそのサウンドに魅了されたプレーヤーは多く、
現在も絶大な支持を得ています。

59tl10.jpg

K&T/T-59がマウントされた
リアルスラブボードテレサウンドは、
J.ペイジ、K.リチャーズ、S.クロッパー、R.フォード他、
ロックはもちろん、職人的なギタリスト達も愛用し、
現在も使用しているギタリストも多数おります。

50年代のブラックガード期のものよりも
オールマイティに使えるため、
幅広いジャンルで活躍する事でしょう。

スラブボードテレをご検討の方は、是非一度、
そのサウンドをお確かめ下さい。



アコギコージ

category:Crews Maniac Sound

15.01.17 20:40 update