< back || TOP > Hoochies Staff Blog by SAKAMOTO > K&T PICK UP > K&T T-'49/Broadcaster Sound

Hoochies Staff Blog by SAKAMOTO

アコギコージのBlogがパワーアップ!! 大いに語ります。

KOJI SAKAMOTO

Profile

大型量販店アコースティックギター担当を経て(株)クルーズに入社。 現在、フーチーズ・スタッフ兼クルーズのリペアーも担当。 自他ともに認める根っからのブルースマン。 アコースティックギターに関する事なら何なりとご相談下さい。 また楽器のセットアップ/K&Tピックアップ全般/テレキャスター及びヴィンテージ楽器に関してもお気軽にご相談下さい。

K&T T-'49/Broadcaster Sound

K&T T-'49のマウント依頼がありました。

P1080265.jpg

1949年......当時はテレキャスターではなく、ブロードキャスターという名で、
世界初のソリッドボディのエレクトリックギターとして発表された、
歴史的モデルがこの、K&T T-'49です。

1951年以降のピックアップとの決定的な違いは、マグネットにあります。
51年以降に使用されているアルニコ 5 より磁束密度の低いアルニコ 3 を使用し、
ワイヤーもワンランク細いもので巻かれています。

ファットな51年、王道のアメリカンサウンドの52年に比べ、
マイルドな中低域が特徴である49年は、
ミッドの濃いリアと、スウィートなジャズトーンのフロントが魅力のピックアップです。


マウントするギターは、国内のギター制作家の方が、塗装と組み込みをしたもの。
2ピースアッシュボディ、メイプル1Pネックで22F仕様になっています。

P1080269.jpg
元々のP.U.は出力の高いものがマウントされており、お客様の好みとしては、
奥行きのあるスウィートなトーンを兼ね備えたテレサウンドのため、
T-49であれば、ベストなサウンドが得られることでしょう。

コンデンサー、ブリッジサドルをブラス製のものに交換しセットアップしました。

テレキャスターのシャープさの中に、中低域のスウィートなトーンが
絶妙なブロードキャスターサウンドに仕上がりました。




アコギコージ


category:K&T PICK UP

12.07.28 15:54 update