VEGAS V2. GROSS FINISH!


新入荷商品のご紹介です。
Crews VEGAS V2.

こちらのVEGASというギターはその歴史も永く、クルーズがプロダクト製品を販売し始めた時期から存在します。マホガニーワンピースのボディーにオリジナルのソープバータイプのピックアップを搭載。そのピックアップの名称がVEGAS(なぜVEGASなのか?今度聞いてみましょう)だったこともあり、ギターのモデル名もVEGASとなったそうです。

最初期はソープバー1ヶのみ、いわゆるJr.スタイルで登場しました。多くのプロミュージシャンがこのモデルを気に入り、レコーディングで使用されます。そもそもはボーカリストがストロークしながら弾くことをイメージした様なギターでしたが、意外にもギタリストからも受け入れられ、ミュージシャンからのフィードバックからピックアップ2ヶのモデルへアップグレードされました。オーダーでトレモロ搭載モデルを製作することも多く、ソープバーピックアップのパンチのあるシングルコイルサウンドがロックサウンドだけでなく幅広い音楽にマッチすることを再認識させてくれます。

近年になり、装飾的な意味とサウンドのモディファイでボディーにバインディングが施されました。これはルックス的な締まり感はもちろんですが、トーンにも影響を及ぼします。ボディー外周のエッジが立つことで、サウンドにもハリが出て、バキっとしたテイストが加わりました。

ワンピースのマホガニーボディーはやはり59年ごろのJr.やスペシャルを連想させる音色で、とにかく抜群の鳴りを楽しめます。それだけでなく、少しセミホロウ感にも似た中域があります。これがメロウなドライブサウンドを生み出し、ロングトーンでのリードプレイから、クランチカッティング、クリーンサウンドでのアルペジオでの存在感を生みます。

また、ソープバーピックアップはハイゲインアンプとも相性が良く、ちょうど初期のEVHの様なサウンドにも実は向いています。エディーの初期のサウンドはLOWがタイトでミッドレンジにコシがあり、高域はスピード感があります。ダイレクトマウントされたハムバッカーピックアップのサウンドとソープバーのサウンド、実際には異なるものですが…一度お試しいただければこの説明の意図がお分かりいただけることでしょう。

新入荷はこれまでのオイルフィニッシュに加えて、グロスフィ二ッシュモデルも加わりました。さらにグッと締まりのあるサウンドに仕上がっています。よりクリーン&クランチに最適な雰囲気が漂っております。是非お試しください。

OIL BLACK
https://www.digimart.net/cat01/shop2820/DS04021990/

OIL BROWN
https://www.digimart.net/cat01/shop2820/DS04021978/

GROSS CHERRY
https://www.digimart.net/cat01/shop2820/DS04055557/

VINTAGE WHITE
https://www.digimart.net/cat01/shop2820/DS04051362/

FADDED PELHAM BLUE
https://www.digimart.net/cat01/shop2820/DS04051103/


Notice: Undefined offset: 0 in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12

Notice: Trying to get property of non-object in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12