【コラム】サウンドスプライト・フォトンケーブル

photon1

当店でも絶賛発売中、赤と緑の電源タップでおなじみのサウンドスプライトが放つPhoton(フォトン)ケーブルは既にお試し頂けましたか?元々ナチュラルなレンジ感とクセのない音色で人気のMOGAMIケーブルをサウンドスプライトがブラッシュアップ。自然なのに艶やか、アコースティカルなのにコシのある特別な音色に仕上げています。

最近のケーブル業界のトレンドは、ワイドなレンジ感とスピードにあると思います。オーディオ業界は勿論ですが、お客様が「このケーブル良かったよ!」といって持ち込んでみせてくれるケーブルは、いずれもそう言ったベクトルに感じます。それは勿論良いのですが、疑問に思う事もあります。それは「このレンジ、ギターやベースに要るのか?」という事です。

高域、低域共に伸びやかに仕上げることは色々な事で可能です。そういうケーブルを使用すると(酷く簡単に言いますが)例えばオーディオでは「お、金物(シンバル等)の音が全然違う」「低域の解像度が違う」という様な事になると思います。オーディオ的には良い事でしょう。音の曇りが晴れる、と言う事に繋がる場合が多いからです。

ところがエレキギターやベースでは、どうなんでしょう?

最近のライブ会場では、PA機器の発展が凄まじく、小規模なライブハウスでも、武道館の様な大会場でも、とても良い音でライブを鑑賞出来ます。ウーファーも力強く、まるでCDを聞いているかの様なレンジと定位+圧倒的なボトムや会場の響き=ライブ観で演奏を楽しむ事ができます。

ギターやベースのレンジが広がってくると、当然隠れていた音色や倍音も感じられます。楽器単体で聞くと「この変化は凄い」と思うケーブルも沢山あります。ところが、アンサンブルに入ると、途端に音色が前に出てきません。むしろ耳障りなレンジを感じる事も多い。これはボリューム(音量)の問題では無く、レンジの問題が大きいのではないでしょうか?

ビックバンドや超ラウドなバンドサウンドでも、各楽器の個性をしっかりと聴かせてくれるPAチームにその秘密を聞くと、大抵の場合「各楽器に見合ったレンジにそれぞれの音をまとめる事と、その定位を決めている」と言う事を言います。機材の問題では無く、サウンドメイクの問題ですね。それ故に「楽器のレンジをはみ出した音はカットする」という話でした。これを先程のケーブルの話と重ねてみて下さい。大体の問題が見えてきます。

ケーブルは「たかが… されど…」です。最も重要なポイントでもあります。

photon2

特にギターやベースに必要なのは、ミッドレンジです。高域、低域が増えてくると、どうしても中域はマスクされます。アクティブEQで音を作る訳ではありません。あくまでパッシブで音を作る場合は「欲しいレンジ」を意識する必要があります。エレキギター、ベースはそもそも楽器本体を作る時に、その音色を意識しています。後はその音を出力する装置の問題です。そこに使用するケーブルでレンジを広げてしまうと、その後のどこか(アンプやPAミキサー等)でレンジを元に戻さなくてはなりません。

また、ハイファイケーブルだけでなく、ヴィンテージ系のサウンドを狙った、というケーブルも同じです。妙にミッドレンジに寄ってしまうケーブルを使用した場合、他の機材との交わりが難しくなります。メンバー全員が同じケーブルを使用すれば問題ありませんが、ギターはハイファイ、ベースはヴィンテージ(ローファイ)で音を作るとPAは大変です。音が混ざりません。
余談ですが、色艶のない音色を「ヴィンテージっぽい音」という意見には断固反対します。ヴィンテージサウンドは枯れているけれど艶っぽさを失ってはいけません。枯れただけの音色?はっきり言って魅力は無いと思います。個人の好み?イエイエ、そんな事は無いはずです。「誰が聞いても良い音」こそ、「ヴィンテージサウンドの理想」では?そうで無ければ、ヴィンテージサウンドがここまで愛される理由にはなりません。使い勝手はさておき、ヴィンテージ楽器/ヴィンテージサウンドは、ヴィンテージ機材を必要としない皆さんからも「良い音だね」と言われる音でなければならないハズ。だって多くのミュージシャンは未だに50-
60年代の楽器が持つ音色を追い求めているでしょう?その位、魅力がある「音」なのです。だからわざわざ、潰れた映画館の解体現場に忍び込んで、その配線材だけ拝借してくる様な業者さんが存在する訳です。凄い話ですね。

と言うわけで、ケーブル選びは本当に大事です…

と言われると「何かケーブルって凄く難しいなぁ…」と思ってしまうかもしれません。
ちょっと良いケーブルが欲しいなぁ、と思っても「どれを選んで良いやら解らない…」

それが普通です。まずは基本となる「ちょっと良いケーブル」を1本手に入れましょう。あとは気になったケーブルがあったら、それを基準に音色を決めれば良いのです。

気に入るか、気に入らないか?と言うとこは後にして、まずは楽器本来の音色が体験出来る基本のケーブルを入手して下さい。なるべくチューニングが正確で、音にクセ付けの無いものが理想的です。

そんな「ケーブル難民」の皆さんは勿論のこと、ケーブルにはちょっとウルサいよ、という皆さんにも是非一度お試し頂きたいのがサウンドスプライトのPHOTONケーブルです。

モガミケーブル#2524をベースにチューニングを行ったPhoton-Gは特にエレキギター、ベースに最適なチューニングを行いました。
モガミケーブル#3368をベースにチューニングを行ったPhoton-Fは特にフラットな特性をケーブルに求めるベーシスト、アコースティック、フルアコ等のプレーヤーに是非おすすめしたいケーブルです。
共にプラグ部分のHOT側に特殊処理を行ったセラミックを、GND側に同じく特殊処理を行った金属パーツを配置。

非常にナチュラルでありながら楽器そのものの「音像」を目の前に感じるケーブルです。解像度云々では無く、自分のギターの、ベースの音そのものと、ピッキングのテイストも色付けなくそのまま体験出来ます。

次回はこのケーブルがどう評価されているか?実際に現場で試してみて感じた事をご紹介します。

ssm cable

PHOTON Gはノイトリック社プラグを採用しています。
希望小売価格は税抜きです
PHOTON G 3m ¥15,000
PHOTON G 5m ¥17,000
PHOTON G 7m ¥19,000

PHOTON FはPRO AUDITIONプラグを採用。全てストレートプラグでのラインナップとなります。
希望小売価格は税抜きです
PHOTON F 3m SS ¥15,000
PHOTON F 5m SS ¥19,000
PHOTON F 7m SS ¥23,000

MW


Notice: Undefined offset: 0 in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12

Notice: Trying to get property of non-object in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12