おすすめアンプ Peavey Classic 20 MH

おすすめアンプをご紹介しましょう

信じられない価格で信じられないサウンドを生むピーヴィーのクラシック20ミニヘッドはお試しになりましたか?ツィード張りのシヴめのルックスを持ち、音色的には癖のないフラットなクリーンサウンドが得られます。アメリカでは本当に幅広い年代のミュージシャンに愛用されるPeavey製品ですが、日本では某スーパーギタリストのシグネイチャーアンプが「驚くほど」売れたこともあり、どうしてもハイゲインなサウンドイメージがついて回ると思います。しかし実際には、ピーヴィーアンプのサウンドは「フラットでどんな音楽にもフィットするサウンド」だと思います。もちろん、フェンダーアンプとは違うアメリカンでカラッとしたクランチ/オーヴァードライブサウンドやディストーションサウンドでも個性を持っていますが、反面サーフロックやファンクギターに最適な「ほんのちょっと癖のある」トレブリーでクリアなクリーンサウンドも備えています。このクラシック20ミニヘッドはそんなピーヴィーのサウンドキャラクターを継承しながら、驚きのコストパフォーマンスでにわかに注目を集めています。

クランチサウンドも秀逸で、実はこのアンプの元になったピーヴィーを代表するコンボアンプがあるのですが、そのアンプのサウンドはかなり多くのLAメタル/ロックのアルバムで聴くことができます。そう、あのキメの細かい歪みです(マーシャルであの音は難しい)さらに現代的な音楽環境に対応するUSB AUDIO RECORD OUT(DAW環境に対応。ダイレクトにUSBアウトとPCを接続するだけでオーディオインタフェイスアウト不要!)やスピーカーシミュレーションを搭載したラインアウトも搭載しています。

そして、コンペクトペダル(ドライブ系)との相性が良いもの特徴。ペダルギークの皆さん、家では大音量でギターサウンドを楽しめないという方も多いことでしょう。また、ファズが好きだけどアンプとの相性がイマイチ、という皆さんも少なくないでしょう。是非、このクラシック20ミニヘッドをお試しください。どんなタイプの歪みペダルとも相性が良くて驚きます。

デジマートも動画もチェックしてみてください。

この動画では一押しのクルーズボトムズアップ20176(ホンジュラスローズ指板/アルダーボディー)を使用しています。ギターの個性もそのまま感じられます。ラインの音もチェックしてみてください。

こちらの商品は店頭及びデジマートにて販売中

アンプシミュレーターの新定番

カスタムオーダー

Subscribe / Share


Notice: Undefined offset: 0 in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12

Notice: Trying to get property of non-object in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12