Aristoteles V2.【サウンドチェック】

好評につき品切れしておりましたクルーズマニアックサウンドのAristoteles V2.が再入荷いたしました。今回は新色でクラウディーフィニッシュ(ポリウレタン系)の半ツヤ仕上げのブラックとホワイトが仲間入りです。ホワイトは商品ページがデジマートサイトに掲載済みなので是非チェックしてください

デジマートサイトリンク:
https://www.digimart.net/cat01/shop2820/DS04237397/

なかなか、ビシッとしたデザインで、R&Rな雰囲気もありつつ品良くラウドな印象も…でもブルージーにも…そんな(どんな?)ギターです。

このギターはマホガニーのワンピースボディーにメイプルネック/ローズ指板という材のセレクトがまず面白い。このサウンドはセットネックモデルでは得られません。

もう一つのポイントがクルーズオリジナルピックアップ。ハイパワー(でも鼻詰まった感じはありません)のブリッジピックアップとクリアーなネックピックアップのコンビネーション。ネックのトーンはメロウで、たまらなく深みがあります。ブリッジピックアップのトーンはミッドレンジの濃厚さとパワーを秘めていながらも、すっきりとしています。ローパワーとハイパワー、2つのミックスポジションはジャズマス系にも似たジャングリーなトーンでこれまたカッコ良いと思います。

さらにもう一つ、トーンポットをプッシュでコイルタップ可能なのですが、この音が…素晴らしく使えます。

早速サウンドチェックです。

アンプはAC-30(セラミックスピーカー)
動画最初の方はKarDianのニトログリセリンをつないでいます。途中から後半はいつものCrews GODです。
いかがでしょう。今回はモダンブルース?系をイメージしてみましたが、335の代わりに持っても良いくらい、奥行き感と倍音がリッチに感じられると思います。味のあるプレイにも最適だと思います。近日トレモロ搭載モデルも入荷しますので改めてサウンドチェックを行いたいと思います。

MWrata

Subscribe / Share

カスタムオーダー