K&T ピックアップのお話

最近あまりブログに登場していなかった感もあるK&Tピックアップですが…すいません。あまりにもマニアックなカスタムが多く【完成→搭載→チェック→早々に引き取り/納品→大満足】というパターンでご紹介する間も無く流れておりました。相変わらずのオーダーとマニアックなカスタムメイドに対応していただいております。今回はちょっと今後も定番化したいモデルが上がって来たのでご紹介いたします。

まずはシングルコイル。

こちらはFENDER C.Sのデニス・ガルスカ氏が製作したJEFF BECKスタイルのストラトタイプ。このギターがものすごく良いギターでびっくり。造り込みが超マニアック。そして鳴りのバランスが本当に素晴らしい。このルックスも合わせて「今のフェンダー」を感じさせてくれます。オーナーは「凄い、いいんだよ。でもさ、ピックアップがセラミックのノイズレスじゃない?ちょっとツヤ感が足りない。でもこのパワーは使いやすい。ノイズもないし…高野さんにこのニュアンスでヴィンテージライクなピックアップを頼めないかな?」ということでお預かり。

高野さんに「ベックライクなピックアップのトーンで、ブリッジ側はノイズレス2つとホットノイズレス1つをミックスしていた時代の感じで、さらにK&Tピックアップを10セット以上持っているオーナーが納得するトーンを是非!」とお願いしたところ「わかりました。挑戦、と取ってよろしいですね?」…はい。お願いします!こうして上がって来たピックアップは…やっぱり凄いサウンドです。59シングルのようなスピード感とフォームバー+ローテンションワウンドならではのゆったりとしたボトムが共存。ネック側とミドルピックアップはバリッとしながらもクリアーでパワフル。K&T CRYのセットを彷彿とさせながらも、ワンランク上のサウンドに仕上がっていますが、その秘密はどうやら通常よりも1フィートあたりにおけるコイルの抵抗値が云々…(すいません難しすぎて…)という点と、もう一つは直流式の着磁。しかもK&Tならではのダブルマグネタイジングにあるそうです。実際にライブで大音量のプレキシにプラグインして、存在感最高!極上のストラトサウンドを奏でていました。

もう一つは話題のKz GUITAR WORKSにカスタムオーダーしたこの一本。なんと2ハム仕様のKz ONE STANDARD-CUSTOM?!

Kzの基本コンセプトはそのままに、スイッチ類をピックアップセレクター/コイルタップ/ネックピックアップのフェイズに変更。そしてオーナーが希望するピックアップのキャラクターは「テレキャスターライクなハムバッカー」でした。

「高野さん、如何でしょう?」「なるほど…その挑戦、受けましょう」ということで「ムムっ」と唸った高野さんが製作してくれたのがこのピックアップ。ブラックガード(1951)タイプのトーンを感じさせるハムバッカーです。もちろん、コイルタップ時のパワー不足はなし。と言って、ハムバッカーが極端にパワフルなわけではありません。K&Tならではの枯れ感+パワーという驚異のサウンド。1957年のハムバッカー(所謂GOLD TONE)のテイストも感じさせながらも、スピード感やアタックのトーンは間違いなくアルニコ5の1959スタイル。タップ時の音のキレも素晴らしく、その秘密は…「ポールピースに秘密がある、とだけ申し上げておきましょう」むむっ。簡単には教えてくれませんね。「ではもう一つ。ハムバッカーのそれぞれのボビンを、完全に個別のデザインでワウンド/部材のチョイスを行なっています。もちろん、ハムキャンセリング効果はきちんと機能しています」なるほど。詳しい説明はチンプンカンプン…でも説明いただいた通りの出音。構造的にはシークレットですが、その音は説得力に溢れていました。

コイルタップ時はキリッとしながらもアタックが太い音色。この音は定番化したいくらいですね。ホロウボディーギターの鳴り/深みも加わり素晴らしいサウンドに仕上がりました。このKz ONEのアンティークな雰囲気も今までにない格好よさ。さすが、ギターマニアがオーダーした1本です。

もう一本、ご紹介させてください。こちらのCrews LED SUPREME… すなわちワンピースハードメイプルトップのクルーズ・LED!


オーダーフェアに合わせてご来店いただき、お気に入りのフィニッシュをライトエイジド(オールラッカー塗装)で仕上げた「極上のワンオフ」モデルです。材の選定はお任せいただき、ブラジリアン指板を選び、ピックアップは?「この音で!」ということでK&Tの新しい定番、IMD-57をチョイス。1957年スタイルのアルニコマグネット+高野さん必殺のコイル選定とワインディング・レシピで仕上げたレギュラーモデル最高峰。ちょっと弾かせていただきましたが…最高です。オールラッカーのカランとした鳴りをアルニコ3の粘るアタック、K&Tならではの自然なサスティーンで仕上げたサウンドに完全にシビれました…

このポストを読んで興味を持ったみなさんは是非、店頭でご相談ください。もちろん、メールでもOKです。とにかく、ここまで「納得」させてくれるピックアップは他にありません。KZ GUITARのオーダーも受け付中です。そしてクルーズVINTAGE LINE/LED SUPREME(ワンピースハードメイプルとブラジリアン指板)も、数本のオーダーが可能です。選りすぐり(マジで素晴らしいです)のホンジュラスマホガニーも、現在ストックがあります。この材の素晴らしさも店頭で長時間、ご説明いたしましょう。是非ご来店ください。


Notice: Undefined offset: 0 in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12

Notice: Trying to get property of non-object in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12