KEMPER PROFILER REPORT #UNKNOWN BAND(?)

久しぶりの出張プロファイラー、今回も皆の兄貴、中尾憲太郎氏から呼び出されたので行ってまいりました。
某西荻の素晴らしい環境のスタジオにて今回は何のプロファイルだったのか?このトリオは…

unknown3

そうです。toddle/田淵ひさ子さんのマーシャル+オレンジキャビネットの音、でした。

ドラムはFOE、SOSITE、CRYPT CITY/ex Bloodthirsty Butchersの小松さん。
ベースは中尾さん…って、え?何?新しいバンド?

unknown2

と言う訳で、機材到着後、真っ先にKEMPERにアンプの音色を取り込むプロファイル作業を行います。
ひさ子氏は基本的にマーシャル+BOSS ブルースドライバー(以下BD)のコンビで音色を作ります。氏のアンプは兎に角、センシティヴで、ちょっとツマミを動かすとガラッと音色が変わります。途中ちょろっと弄ったら凄く音色が変わってしまい、結局ひさ子氏が元に戻してくれました。マーシャルアンプは何やっても「この音しか出ません」という個体が多い中、面白い経験でした。ゲインが低いからかなー?また触らしてもらおう。話がそれましたが、セッティングも基本はクリーンで、BDを踏んだ時に心地よいクランチになる仕様。柔らかいタッチだとクリーンサウンド、おりゃ!と弾くとドライブします。これぞ「ひさ子ダイナミクス」の「あの音」ですね。鋭さも甘さも、手元でコントロールしています。

unknown1

なので、BDありとアンプ直の2パターンをプロファイル。途中、マイクも色々試してベストを選ぼうとも思いましたが、中尾氏もひさ子氏も1パターンずつプロファイルしたら「問題ないのでOKです」ということで…即終了となりました。もっとも、クリーンサウンド(アンプ直の音)に関してはやはり一番低いローの音が上手くプロファイル出来ない。何度かゲイン調整&ケンパー内の微調整を行い、音色を近づけました。そのクリーンサウンドの状態でBDをON、いつものひさ子氏の音、つまり「あの音」が再現出来ました。「ええ音やぁ」との事で安心です。

ssm cable

今回プロファイリング時に中尾氏から「ケーブルも試してみる?」との事でひさ子氏の所有ケーブルと中尾氏の持ち込んでくれた「サウンドスプライト・PHOTON-F」ケーブルを色々差し替えてチェック。EX-PROのケーブルは、かなりフラット特性でしたが今回の録音にはもう少し「クセ」も欲しいかな?と言う事でPHOTON-Fを繋ぐと、低音が豊かに。ブライトなジャズマスター+マーシャル+オレンジのイナタい感じが少し和らいで、音色もいい感じ。PHOTON-Fはギターにも良いですね。エフェクターの前後2本ともPHOTON-Fにすると、2-4K辺りの質感が足りない気もしたので、最終的にギター側はオヤイデケーブル、エフェクター後のアンプまでのケーブルにPHOTON-Fを採用しました。また、プロファイル時にケンパーからマーシャルに送るケーブルにもPHOTONを使用しました。流石はセラミックパワー(?)効果は絶大ですね。今度からPHOTON-GとFを持ち回ります。

と言う訳で、今回のセッション(何のレコーディングか解らないのですが 笑)でもKEMPERが活躍する事でしょう。ちなみに、本番ではひさ子氏はアンプにマイクを立ててRECし、ギターダビング作業をKEMPERで行うそうです。中尾氏はベースアンプを使わず「ケンパーとラインだけ」で録音するそうです。「最近、俺のレコーディングやプロデュースは殆どケンパーで録ってる」と言う事なので、KEMPERの信頼は大きい様ですね。ベーシストの皆さんは是非参考になさって下さい。

Kemper-KPA-Black-Press-Front
KEMPER 商品ページ

終わり!


Notice: Undefined offset: 0 in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12

Notice: Trying to get property of non-object in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12