クルーズ・カスタムオーダー随時受付け中

フーチーズではクルーズマニアックサウンドのオーダーを随時受付けております。

MADE IN JAPAN・クラフツマンシップ・ハンドメイド… 日本製の良質な楽器をご紹介する際の決まり文句となったこれらのセリフ。一見「ベタなセリフ」に見えますが、イエイエ…本当にメイドインジャパンのクラフツマンシップが生み出したハンドメイドの良質な楽器、です。間違いはありません

フーチーズでは、”MADE IN JAPAN” クルーズマニアックサウンドブランドのカスタムオーダー製品の受付けを随時行っております。定番の機種(もちろん、ほぼ全てのラインナップ)をベースに、「セミオーダー」というスタイルで受付けることで、カスタムオーダー品でありながら低コストを実現。これもメイドインジャパンならではのメリット。さらに、クルーズでは良質な材を随時入手しているので、タイミング次第ではかなり貴重な木材をオーダー時に選定することも可能です。

例えば今なら
1)セレクテッド・ワンピース・ハードメイプル(ボディートップ材・LPタイプに対応)
2)希少フレイム・ハードメイプル(ネック材・ギター&ベース)
3)フレイムメイプル・トップ材(フラットトップのギター&ベース)
4)セレクテッド・ブラジリアンフィンガーボード(ギター用指板材/残りわずか)
5)セレクテッド・ワンピースマホガニー(ホンジュラスマホガニー材・極上目取・LP他各種ボディー用)

1&2のハードメイプル材は、とにかく極上の素材です。LPタイプにも余裕で対応する厚さを持った材でありながら、ここまでの杢目が浮き出たものはそうそう入手出来ないと思います。とにかく美しい。この板/切り出しの状態でエッジが立ち、キラキラと輝く深い杢目。5Aソフトメイプルであれば入手する事もそれほど難しく無いでしょう。しかし【ハードメイプル】となると本当に貴重です。LPタイプには最高の材になっております。是非、貴方だけのカラーでオーダーして下さい。最高の1本を製作します。3−4本製作可能。

フレイムの浮き出たハードメイプルネック材も超貴重です。こちらはストラトやJB/PB等に使用できる厚さを持っています。ギターやベース楽器は弦を張った状態で、その弦長の半分以上がネック(指板)の上で振動します。硬質なメイプル材はそのレゾナンスも素晴らしく、この材でネックをつくったら…と考えると興奮します。ST/JB/PB/TE etc…ネックに拘ってオーダーされてはいかがでしょうか?勿論、Aristoteles/VegasやAb’sといったクルーズレギュラー製品のネックにも最高です。これまでに限定モデルの他、数本のオーダーをいただきましたが、オーナー様にはかなり喜んでいただきました。


続いて切り出された5Aグレードのキルテッドメイプル材。ブックマッチで使えます。こちらも上質なトップ材なので、ソリッドギター/ベースのトップ材としていかがでしょう。杢目にはうるさいよ、という皆さんにもきっと喜んで頂けることでしょう。トランス系フィニッシュはもちろん、生地着塗装もOKです。


そしてブラジリアンローズウッドの貴重性は言わずもなが、です。ローズウッドがワシントン条約にて規制されたことで、今後(近いうちに)「希少材」と呼ばれるようになるでしょう。当然それ以前より希少扱いされているブラジリアンローズウッドは、今後さらに入手が難しくなります。クルーズでは20数年前に大量に入手した極上のブラジリアンローズウッドをストックしておりました。2005年辺りからブラジリアン指板の多くの楽器を製作しました。しかもMADE IN JAPANの価格設定で!それ故に…ありがたみが薄まっているかも知れませんが(笑)はっきりいってこんなに上質なブラジリアンは早々入手できません。1−2枚ならともかく、何十枚とストックすることは今後さらに難しくなるでしょう。いつかは欲しい、そうお考えの皆様、本当に今手に入れないと無くなってしまいます。楽器屋のセールス常套句?イエイエ…事実です。

ホンジュラスマホガニーも極上品を揃えております。もちろん、ワンピースのLPサイズ。ベースにも対応可能です。マホガニーは音が柔らかい?というご質問を稀にいただきますが、決して柔らかくはありません。むしろシャープな帯域を持っています。ミッドローが豊富なので、相対的に「太い」印象はありますが、高域が「弱い」訳ではありません。オールドギターのサウンドを想像してください。「オールドは弾いたことがないよ」なるほど。それではオールドギターの演奏を納めた音源を聴いてみてください。柔らかい音でしょうか?きっと、柔らかいけれど、太く、音抜けもしっかりあります。そして高域の存在感がすごいと思います。


板目のボディートップ/板目のボディーバック。この組みあわせはLPに最高です。

ちなみに:
ギターというのは歌い手と同じです。材はそれらを構成する重要なファクターです。ピックアップとアンプはその「歌い手の声」を増幅するだけです。ギターの材は音の根本を決める、もっとも重要なポイントです。

ではピックアップとアンプはなんでも良いのか?それも違います。しかしながら、例えば私の声を、どのマイクでピックアップし、どのアンプで出力しても、「私の声」に変わりはありません。機材によって若干ニュアンスは異なるかもしれませんが、女性の声になったり、大柄な男性の声になったりはしません。

つまり、そういうことです。色々な声色を使いこなしたい?声の出し方はピッキングで、声色はエフェクターやアンプで変化させることができるでしょう。でも元の声は変えられません。ピックアップは「私の声」を最初に拾うきっかけです。その「きっかけ」の情報量が少ない場合、いくら声を増幅してもオリジナルの情報量は増やせません。本当に重要なパーツです。

だから、良いギター、良いベースは必要です。良い、というか…自分にあった楽器、ですね。
興味を持っていただいた皆様はぜひ、オーダーギター/ベースであなただけの1本を作ってみませんか?お見積り無料。受付けは随時行っております。

その他オーダーに関する詳しいお問い合わせはお電話:03-5428-6739 又はshop@hoochies.infoまで


Notice: Undefined offset: 0 in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12

Notice: Trying to get property of non-object in /usr/home/aa104v1cwa/html/WP/wp-content/themes/dp-escena/inc/scr/json_ld.php on line 12