Marchione Semi-Hollow 2017 NAMM “the sister guitar”

Marchione Semi-Hollow 2017 NAMM “the sister guitar”

マルキオーネギターズ
セミホロウモデル/ウッドテイルピースモデル
2017 NAMM SHOW 展示品

販売価格:1,820,000円(税込)

マルキオーネギターを代表するモデルとして認知されてきたセミホロウモデル。
2017年NAMM SHOWにて話題となったショーモデル”シスターギター”の入荷です

このセミホロウモデルはショーモデルとして展示されたギターであり、マルキオーネがまれに制作するシリーズです。通常のスペックにはないウッドマテリアルやスペックを持ち、異なったモデルを同じ木材を用いて制作します。よって、まるで姉妹の様な佇まいを持つことからシスターズと呼ばれます。今回はこのセミホロウと、抜群に取り回しの良い15インチフルアコースティックをウォルナット材をメインに制作。ボディーバックだけでなく、ネックにもウォルナットを採用した異例の力作となりました。ヘッドストックとウッドテイルピースに2本のラインが確認できますが、こういった仕様も特別モデルならでは。

ベアクロウのイタリアンスプルースをボディートップに、バックアンドサイドにはウォルナットを採用。通常、アフリカンマホガニーやホンジュラスマホガニーを採用するところですが、とても上質で軽量なウォルナット材が入手できたということで、今回のシスターギターのスペックは決定しました。

マルキオーネギターのこだわりである「頑丈で100年使える良いギター」であること。
そして「プレイヤーにストレスを感じさせない、軽量なギターであること」
もちろん「最上のトーンであること」
これらの全てがクリアーされてこそ、マルキオーネらしいギターと言えます。

一般的には「硬く重い」と言われるウォルナットですが、セレクトされ十分にシーズニングされた材においてはそのイメージを覆します。もちろん比重でいけば重めの材ですが、実際には驚くほど軽量に仕上がっています。ネックとボディーのバランスも非常によく「なんと言う弾きやすさだろうか?」と驚いていただけることでしょう。プレイアビリティーは言うまでもなく「バチっ」とセットアップされております。

マイクモレノモデルとしてスタートしたマルキオーネ・セミホロウですが、ここ数年で制作された当店向けの多くのモデルでは新しい試みも行われてきました。オールメイプルモデルやこのウォルナットモデルには「新しい音楽を生み出していって欲しい」というマルキオーネの意思が強く感じられます。

さらにその音色は芯のあるアコースティカルなもので、独特の響きを持っています。いわゆる「腰高な鳴り」ではないのですが、明るく抜けてくるメイプル材の様な立ち上がりを感じます。しかしながらサスティーンと鳴りはローズウッドとマホガニーの中間的です。このレゾナンスはとても興味深く、いわゆるジャズギター的な甘いトーンではなく、まるでヨーロッパのクラシックギターの様な胴鳴りを感じさせます。強烈なマルキオーネマジック。この音は初体験です。

ジャズはもちろんですが、アコースティックギターの様なエレクトリックギターのサウンドを求める皆様にはたまらないトーンだと思います。アーチトップギターにフラットトップアコースティックのテイストを組みわせたこの楽器は、他のどのギターとも異なります。ドライブさせると倍音がぐっと広がって、歌う様なリードトーンも楽しめます。

もちろん、まだまだ若いギターなのですが、これからどんな音を奏でていってくれるのか?それを思うと楽しみでしかありません。